病気や怪我で働けなくなった場合、収入が途絶えてしまうので、生活をすることが難しくなります。 しかし、会社の健康保険に加入している場合は、病気や怪我で働けなくなった時に傷病手当金というお金が支給されるのです。 このように、怪我や病気で十分な収入を確保できない時に所得を補償してくれる制度のことを傷病手当金といいます。 そして、この傷病手当金は会社が支払うものではなく、健康保険協会、または、健康保険組合が支払うことになっています。 傷病手当金をもらったからといって、後で返済する必要はありませんし、税金がかかることもありません。 ただ、これは健康保険に加入している方がもらえるお金なので、国民健康保険に加入している個人事業主やアルバイトの方はもらえません。 また、仕事中の怪我や仕事が原因で発症した病気に対しては支給されず、プライベートで怪我や病気をした場合にのみ支給されます。 この傷病手当金制度を知らない人も多いため、受給資格があるのに受け取っていない人もたくさんいるようです。